Passer au contenu

Pays

Warsaw Convention - ワルシャワ航空輸送条約 (1929)

translation missing: fr.product_price.price.original €0,00 - translation missing: fr.product_price.price.original €0,00
translation missing: fr.product_price.price.original
€0,00
€0,00 - €0,00
translation missing: fr.product_price.price.current €0,00
translation missing: fr.product_price.price.tax_line_html

1929年10月12日にワルシャワで調印された「国際航空運送に関する一定の規則の統一に関する条約」。

ワルシャワ条約は航空輸送の黎明期から採択されており、国際航空輸送の参考文献として長く使われてきました。

この条約は、多数の改正議定書(1955年9月28日のハーグ議定書、1975年9月25日のモントリオール議定書)の対象となっており、国際航空輸送の体制は完全に分断されている。モントリオール条約は1999年に調印され、法律の標準化を試みた。

ワルシャワ条約は、モントリオール条約に加盟していない国との間、またはモントリオール条約を批准した国と加盟していない国との間のすべての国際航空輸送に引き続き適用されます。

ワルソー条約に定められた原則は、主に運送中に発生した損害に対する運送人の民事責任体制に関するものです。

1. 航空会社は、損害の原因となった事故が航空機内で発生した場合、または乗降操作中に発生した場合に、旅客が被った死亡、傷害その他の身体的損害について責任を負います。航空旅客は、被った人身傷害に対して最大16,600SDRの補償を受けることができます。運送業者は、旅客に対して、多数の詳細(場所、日付、目的地など)を記載した旅客券を発行する義務があります。

2. 航空運送中に損害の原因となった事象が発生した場合、運送人は、受託手荷物または貨物の破壊、紛失、破損の場合に損害賠償責任を負います。手荷物を紛失した場合の補償は、手荷物1キロあたり17SDRまでとなっています。運送業者は手荷物検査を発行する義務があります。

3. 運送業者は、被害者に専ら過失があったこと、または被害を回避するために合理的に必要とされるすべての手段を講じたこと、またはそのような手段を講じることが不可能であったことを証明した場合にのみ、この責任を免れることができます。

ここで提案されている文書は、米国議会図書館に寄託されている英語の原本であり、それに続いて、この条約を批准した国のリストと批准と発効の日付が記載されている。

28ページ - 英語で