Passer au contenu

Pays

Morel, Jean-Paul - Swissair, passion d’une vie - スイス航空、生涯の情熱

translation missing: fr.product_price.price.original €39,00 - translation missing: fr.product_price.price.original €39,00
translation missing: fr.product_price.price.original
€39,00
€39,00 - €39,00
translation missing: fr.product_price.price.current €39,00
translation missing: fr.product_price.price.tax_line_html
スイス航空、生涯の情熱

Jean-Paul Morel
エディション Nicolas Junod, 2019
スイス航空、家族の物語!

マルク・モレルは、1933年のエールフランス創設から37日後に入社した。検査官は、ジャン・メルモである。解放から2年後、第二次世界大戦で荒廃した国で、マルク・モレルはスイス航空のフランス法人をオペラ座に設立した。

1962年、彼は "ハウス "の鍵を手渡し、十分な引退生活を送った。

その12年後、息子のジャン=ポール・モレルが一族の歴史を引き継いだが、その歴史は本書のページを通して、スイスの航空会社の歴史と融合していくことになる。その後、パリ、ミュルーズ、フランクフルト、ジュネーブ、アビジャン、トリポリなどを歴訪しました。

この本では、50年間にわたってスイス航空のサービスに携わってきた家族の物語を通して、スイス航空が自らを明らかにし、自らを紹介しています。

航空業界のパイオニアであったスイスの会社が、5大陸にまたがる世界的な航空会社になるまでの輝かしい30年間を、楽しく歩くことができます。単発機からエアバスへ、コイントリン、クロテン、バーゼル・ミュールーズの発展を目の当たりにし、KSSUコンソーシアムの発展を追い、フランス・スイス間の航空輸送の重要性をより深く理解し、広告ポスターや切手のプリズムを通して歴史を理解する。

DC-2からDC-10まで、DC-3、DC-4、DC-6、DC-7、DC-8、DC-9...と、ダグラスの歴史と同義語のように思えるが、440メトロポリタンや990コロナドなど、コンヴェアの歴史にも大きな役割を果たしている(カラベル、エアバス、747も忘れてはならない)。また、航空貨物が広く紹介されているとすれば、スイスのホテルの素晴らしさを空に移すことに魅力を感じているのかもしれません。

チェックインの際に乗客の体重測定が欠かせなかった時代を彷彿とさせて微笑ましい。そして、著者と同じように、この航空の「施設」がなくなってしまうことを思うと、一抹の寂しさを覚える。

懐かしさ、抱きしめると・・・。
素晴らしい本です。

240ページ、フランス語、カラー図版180点