Passer au contenu

Pays

Teilhaber, Felix A. - Judische flieger im weltkrieg - 第一次世界大戦中のユダヤ人飛行士 (1924)

translation missing: fr.product_price.price.original €14,00 - translation missing: fr.product_price.price.original €14,00
translation missing: fr.product_price.price.original
€14,00
€14,00 - €14,00
translation missing: fr.product_price.price.current €14,00
translation missing: fr.product_price.price.tax_line_html

Jüdische Flieger im Weltkrieg

Verlag der Schild, Berlin, Germany

 第一次世界大戦におけるドイツ系ユダヤ人パイロットの功績を描いた物語。

1924年、第一次世界大戦の敗戦の原因をドイツ系ユダヤ人に求める世論の誹謗中傷が盛んな中、祖国ドイツのために飛び、戦ったユダヤ人飛行士の英雄的行為と犠牲を広く伝えることを目的に、ユダヤ人団体の支援を得て本書が出版されました。(表紙に描かれたパイロットはユダヤ人の歩兵で、幸運のシンボルとして、また機体の個人的なエンブレムとして逆卍を使用した飛行家であった。ナチスのロゴマークとは関係ない)。

第2版(初版は1919年、タイトルは若干異なる)。 写真図版あり。緑色の布地に金色の背文字、ドイツ軍の飛行機が描かれた絵柄のボア。 全ページ図版1点、全ページ図版3点、本文図版41点(主に飛行士と飛行機の肖像画)。124pp.+広告4pp, [1, 奥付]。1 vols. オクタヴォ。NUCでは8部のみ、BMCでは1部もなし。

著者は皮膚科医、作家、シオニスト。第一次世界大戦では軍医として従軍し、第一級鉄十字勲章を授与されている。

50ページの段落が黒く塗りつぶされている場合があるが、本書はそのようなことはない。

この本はオッフェンバッハでアメリカ軍に回収されたらしい。オッフェンバッハはナチスが没収した本を保管し、ユダヤ人に関する図書館を作ることを見越して保有していた場所である。この図書館は、全世界のユダヤ人を殺害する計画が実行された後に設立される予定であった。

pdf - ドイツ語