Passer au contenu

Pays

Aeroclub d'Auvergne - 年鑑 1922 年

translation missing: fr.product_price.price.original €0,00 - translation missing: fr.product_price.price.original €0,00
translation missing: fr.product_price.price.original
€0,00
€0,00 - €0,00
translation missing: fr.product_price.price.current €0,00
translation missing: fr.product_price.price.tax_line_html

オーベルニュのエアロクラブ - 年鑑 1922年

ディレクトリは時々面白いテキストを提案してくれますが、今回もそうです。

1920年5月8日、2人の元軍人、ジルベール・サルディエとルイ・シャルトワールは、スポーツとしての空中走行を促進するための協会を設立し、翌月にはフランスで最初のエアロクラブの1つとなりました。Aéroclub d'Auvergneは当初から131ページのディレクトリに大きな編集上の野望を抱いていました。当時の航空ジャーナリスト、作家の第一人者であるジャック・モルタン氏の積極的な支持を得ていた。

La Vie Aérienne Illustrée "と "La Vie au grand air "の編集者は、3つの記事を寄稿していた。第一次世界大戦のエースが作った若いクラブのダイナミズムを説明する序文(彼はクラブに二人乗りのニューポールを贈った)、19世紀の航空の起源に関する記事、そしてフランスの航空の状況、当時の航空政策(Laurent Eynacの改革)、さらには航空における女性の役割についてのかなり長い会議であった。

また、G.サルディエによるオーヴェルニュと航空に関する記事や、マルセル・ペランによる美しい航空物語「Le Nid ailé」、さらには航空に関するちょっとシュールな詩も掲載されています。

最後には、スパッドやニューポールでいくつかの世界速度記録を保持したベルナール・ド・ロマネ中尉の記憶を呼び起こす興味深い内容となっている。

131ページ - フランス語で

現在、クレルモン・オーヴェルニュ空港を拠点とするエアロクラブには、航空を愛する140人以上のメンバーがおり、保有する航空機は6機で、http://www.aeroclubauvergne.fr。