Passer au contenu

Pays

Valladao, Alfredo - モロッコの航空技術、予想外のサクセスストーリー(2020年

$0.00 - $0.00
$0.00
$0.00 - $0.00
$0.00

Valladao, Alfredo - モロッコの航空技術、予想外のサクセスストーリー

Policy Center for the New South (Policy Paper - February 2020)

モロッコの航空エコシステムは、発展途上国における産業のサクセスストーリーのひとつです。もちろん、モロッコは航空機を生産していない。世界の航空市場は、ボーイング社とエアバス社の2社による独占状態にあります。しかし、このように完成品の航空機で優位に立っているからといって、他の産業プレーヤーや他の国に余地がないわけではありません。それどころか 現代の航空機製造チェーンは、無数のティア1、2、3、4の下請け業者とその地理的分布の点で、世界で最も断片的なものの一つです。この分野での最初の取り組みを開始してからわずか20年後の今日、モロッコの産業はアフリカ大陸における航空機器、部品、コンポーネントの主要な輸出国となっている。最近では、南アフリカ共和国を上回るほどになっています。

中所得国でありながら、深刻な社会的不平等を抱える発展途上国(人間開発指数123位)が、この賭けに成功するとは。巨大企業ボーイング社が、航空の伝統がない辺境の途上国に投資することを説得するのは容易ではなかった。たとえそれが、高い品質基準を必要とする機器を作るためだけのものであっても。フランスに近いとはいえ、サフランのような大企業がモロッコに投資することを説得するのは容易ではなかった。航空産業への第一歩を踏み出したのは、パリのエコール・ポリテクニークで同級生だった2人の経営者、Mohammed Hassad(RAM社CEO、1995〜2001年)とJean-Paul Béchat(Snecma社CEO)だった。1996年、2人の友人は、CFM56エンジンとAPUのメンテナンスと修理を専門とするサービス会社「Snecma Morocco Engine Services」の設立を決定し、カサブランカ空港にあるロイヤル・エア・マロクの施設を利用した。

Alfredo G. A. ヴァラダンは、パリ政治学院国際関係学部(PSIA)の教授であり、Policy Center for the New Southのシニアフェローでもあります。

28ページ - フランス語で

このレポートは、Policy Center for the New Southが発行し、その所有権を有しています。PCNSはモロッコのシンクタンクで、モロッコとアフリカに関わる公共政策の改善に貢献することを使命としています。https://www.policycenter.ma