Passer au contenu

Pays

Habana 1928 - 米州間航空条約

$0.00 - $0.00
$0.00
$0.00 - $0.00
$0.00

Habana 1928 - 米州間航空条約

アメリカが国際連盟への加盟を拒否したため、パリ条約のルールはアメリカ大陸には適用されなかった。これにより、アメリカの地域的な国際協力の別の形態が必要になったのです。
商業航空に関するハバナ条約は、1928年2月20日にハバナで採択されたいくつかの条約のうちの1つで、第6回国際アメリカ州会議の代表団によって採択されました。
ハバナ条約はパリ条約をモデルにしたもので、民間航空機のみに適用されました。公用機は含まれていませんでした。
この条約には、航空機のマーキング、着陸施設、禁止されている輸送、飛行要員の能力、航空機の登録、禁止区域、他国の航空機が自国の領土内で従うべき経路を規定する各国家の権利に関する規定が含まれています。この条約は、西半球に存在する航空航法の条件を満たすように設計された。航空航法に関する法規制の統一を図るための規定が含まれている。
各国は、以下の点で協力することを義務づけている。
(a) 気象情報の一元化及び配信。
統一された航空海図の発行及び統一された信号システムの確立。
(c) 空中航法における無線電信の使用、必要な無線電信局の設置及び米州間及び国際的な無線電信規則の遵守。
これらの国は,空中航法を支配する法律及び規則の統一を目指すことになる。
それは、すべての国が自国の領域及び隣接する領海の上空の空域に対する完全かつ排他的な主権を有することを認めた。各締約国は、平時において、他の締約国の私用機に自国の領土の上空を無害に通行する自由を与えることを約束する。しかし、各締約国は、公共の利益のために、他の締約国の航空機による自国の領土の固定区域上での他の締約国の航空機の飛行を禁止する権利を保持しており、この点において、自国の民間航空機と他の締約国の民間航空機との間で区別することはできない。
この条約は、1930年代の南北アメリカにおけるアメリカの航空会社のビジネス発展のための法的基盤を提供した。条項は、米国所有の航空会社が南北アメリカ国内で自由にサービスを運営することを可能にした。民間航空機は、契約している州の異なる空港で、その州の国境を越えて発着する、またはその州の国境を越える地点を目的とする旅客または貨物を排出したり、搭乗したりすることが許可されている。ただし、各締約国は、自国の領域内における旅客及び商品の商業輸送に関して、自国の国有航空機に有利な予約及び制限を設ける権利を保持する。
各国は、国籍マーク、航空機の登録及び登録の取り消し、耐空性に関する航空機の格付けに関する規制、禁止されている輸送に関する制限など、様々なテーマに関するデータを連合に提供しなければならない。

12ページ - 英語